Unqork「医療機関の決済システムはノーコードで劇的に改善される」

医療機関の決済システムの電子化が遅れていることは世界的な課題であると言われていますが、ノーコードはこの領域でも存在感を増しています。

2019 Healthcare Consumer Surveyによると、米国において49%の医療受給者が医療機関での決済システムの電子化が遅れていることに不満を抱いていると報告されており、ノーコードプラットフォームUnqorkのChris Ektov氏は、医療機関の決済システムの不整備は以下の3つの弊害をもたらすと指摘します。

①患者の離脱

各医療費を点数化して計上する日本の国民皆保険に比べると、アメリカの民間保険の医療費の計上方法は複雑であり、Connance Consumer Impact Survey of 2018によると、医療受給者のうち、正確に自分の医療費を把握しているのは35%しかいなかったという結果が出ています。複雑で不透明な医療費は、患者の離脱につながります。NRC Healthによると、60%以上の医療受給者は、常により透明性のある医療保険や医療機関を探していると報告されています。

②経理への負担

複雑で不透明な医療費の会計処理は、受給者の満足度を損なうだけでなく、医療機関の経理部への負担にもなります。

③医療費の未払い

支払い方法が充実していないことは、医療費の未払いの要因となります。医療機関の収入の約35%は請求書払いによるものだと言われており、Connanceの調査によると、医療機関の約半数が、医療費の未払いを経験したことがあると回答しています。

Unqorkは、医療機関や保険会社が・金融サービスが独自のプラットフォームを完全ノーコードで構築できるサービス「DIYエンタープライズ」を提供しており、医療機関の決済システムの改善にも大きく寄与することが期待されています。

従来、医療機関や保険会社、証券会社の一連の業務を統合管理するシステムの開発、および保守運用には莫大な費用が掛かかるものでした。

完全ノーコードで開発できるUnqorkは、プログラミングの知識のない医療機関の経理部門の従業員でも決済システムを構築できることから、大きなコスト削減が見込めます。

Unqorkは、toB向けのノーコードツールとして今後も要注目のプロジェクトのひとつであると言えるでしょう。

https://unqork.com/

最新情報をチェックしよう!
>プログラミング不要の新しい未来

プログラミング不要の新しい未来

アプリを使ったアイデアはあるけど、どうやってアプリにすればいいのか分からない。やり方はわかるけど、お金も時間もかかるから難しい。お金も時間もかけてもいいけど、まだ構想段階だから作って失敗したら時間もお金も勿体無い。そういった悩みを解決できるのがノーコードです。