ノーコードツールが教育に与える影響

昨今、ノーコードツールの知名度は日増しに上がりつつあります。メディアのPR記事や特集などで、その姿を見かけることも少なくないでしょう。

ノーコードツールは、「【ノーコード開発のすべて】国内外の最新の動向の他、ノーコードツールの導入事例を徹底解説」の記事で詳しく解説されているように、企業における業務改善やクリエイティブな作業の拡大、個人のビジネスアイデアのスピーディな具現化に役立っています。

しかし、実はこれら「ノーコードを活用した時の効果」の他に、「ノーコードツール自体を学習する」ことでも、様々なスキルを身につけられる潜在的可能性が、ノーコードツールには秘められているのです。

今回は「教育」という観点から、ノーコードが与える影響について考えたいと思います。

 

1.ノーコードとプログラミング義務教育化

2020年度に改定される「学習指導要領」にて、プログラミング教育が小学校で必修化されることが、先日大きな話題となりました。

FNNニュースの取材に応じた文科省によれば、プログラミング教育を必修化するのは「これからの時代に活躍できる、人材育成の第一歩とする」ためとしています。

「世界ではあらゆる事象にIT技術が活用されるようになり、ロボットやAIの普及も進んでいます。このような技術に深く関わるのが、コンピューターなどを動作させるプログラミングです。

早い段階でその仕組みに触れられれば、理解や主体的な活用につながり、社会の変化や新しい技術にも対応できるのではないかという考えから、必修化となりました。」
-文科省

 

実際にプログラミング教育を実施する教師向けに文科省が公開している「小学校プログラミング教育の手引」によれば、例えば小学校におけるプログラミング教育のねらいは、「情報活用能力」を構成する以下の3つの資質を養うこととされています。

 

つまりプログラミング教育の導入は、単にコーディングスキルやプログラミング言語を教えるわけではありません。それよりも、プログラミングという行為を通し、試行錯誤を繰り返す事で、「問題解決のために逆算的に物事を順序立てて解決していく」というプログラミング的思考の醸成を目的としていると言えるでしょう。

 

その意味では、本来プログラミングそのものよりも、「コンピュータはどのような仕組みで動くのか」「どのような命令をするとコンピュータはどう動くのか」「入力と出力の関係」といった要素を考えられるツールがあることのほうが、教育という観点ではより重要になります。

 

しかし、これらを既存のプログラミングツールで子供たちに教えようとすると、いくつかの高い壁があります。

まず、環境構築です。通常何かしらの言語を使い、コンピュータでコードを書くときは、あらかじめ「人間が読める(可読性の高い)コードを書き、コンピュータ語に変換し(コンパイルやビルド)、コンピュータに実行させる」という一連の処理が実行できる環境をコンピュータ内に整える必要があります(「環境構築」)。しかしこの環境構築をすることは経験のあるエンジニアにとってすら時間と労力のかかる行為であり、ましてやコンピュータの操作経験すら必ずしも多いとは言えない小学生にとっては現実的ではありません。なおかつ、実際にコードを書くこと自体を目的とした利便性向上のためのツールであるため、ロジックや背景の理解に主眼が置かれたツールにはなっていません。

そこで最近では、環境構築なしにブラウザでコードを書き、その場で処理を確認できるプログラミングツールが登場しました。その中には、プログラミングを視覚化し、教育に資するツールとして作り上げられたものもあります。その代表例が8~16才をターゲットにした無料の教育用プログラミング言語およびその開発環境「Scratch」でしょう。

(Scratchのプレイ場面)

 

とはいえ、Scratchは実際のプログラミングと同様に、自分で一からやりたいことを決め、それに即したプログラミングを実行する必要があるため、「作りたいものはないが、論理的な思考能力は養いたい」と考える子どもや、「すでにあるテンプレートを使って、仕組みを説明したい」と思う教師にとっては、より適したツールがないかと考えることもあるでしょう。

何より実際の教育現場では、プログラミング経験のある教師は必ずしも多くない現状があり、ただでさえ既存の業務で手いっぱいの彼らに対して新たにそれらのツールを研修等で習得させるのは心理的体力的負荷がかかります。

 

この際、ノーコード開発ツールは「ノーコード」という名前の通り、ビジュアルプログラミングツールをさらに簡便にし、テンプレートを組み合わせて自分の表現したいロジック・与えられたロジックを表現することが可能です。プログラミングという行為を通さなくても、自分の目の前でパズルのようにタイルを組み合わせれば、組み合わせによって目の前で処理が動くノーコードツールを使い試行錯誤を繰り返す事で、プログラミング的思考の醸成が可能になります。

 

プログラミングを通じて、試行錯誤を繰り返す事で問題解決のための手段を論理的に組み立てていくという教育体験を提供するという狙いは理に適っていますが、これらの能力を養うためにはノーコード開発ツールの併用も有用だと考えています。ノーコード開発ツールを使えば、年齢に関係なく数日のうちにアプリケーションを開発することができます。生活や社会における問題を解決していくという制作の過程や、結果の評価、及び修正といった動作をより少ない学習コストで自然と身に付けられるのです。(「藤丸敏衆議院議員に聞く『ノーコード開発で加速するDXとオープンイノベーション』」の記事より藤丸敏・衆議院議員)

 

 

(「小学5年生の甥っ子にノーコード開発を教えてみた」の記事より、ノーコードツールを操作し、テンプレートを用いつつ自分だけのアプリを作る小学生)

 

小学校プログラミング教育の手引」によれば、例えばコンピュータを動作させるための手順としては下記のような流れが考えられます。

①コンピュータにどのような動きをさせたいのかという自らの意図を明確にする

② コンピュータにどのような動きをどのような順序でさせればよいのかを考える

③ 一つ一つの動きを対応する命令(記号)に置き換える

④ これらの命令(記号)をどのように組み合わせれば自分が考える動作を実現できるかを考える

⑤ その命令(記号)の組合せをどのように改善すれば自分が考える動作により近づいていくのかを試行錯誤しながら考える

これらの能力が自然と身につきますし、「小学5年生の甥っ子にノーコード開発を教えてみた」の記事のように、数日もあれば小学生でもアプリケーションを作ることが可能です。

 

また、多くのノーコードツールはチュートリアルが充実しており、教える側の教師としても、新たにツールを学習するための負荷が非常に少なくて済みます。

これらの観点から、ノーコード開発ツールの教育現場への導入が進めば、よりプログラミング教育の環境は充実していくことでしょう。

 

好奇心に基づいた知的活動の連鎖が学問と向き合う時の基本的な姿勢の形作るものだと考えると、ノーコード開発は、学習ツールのひとつの選択肢として有用なものだと考えています。…私が子供の頃は、GUIベースの学習ツールといえばスクラッチくらいしかなかったものですが、今は、子供でも扱える様々なノーコード開発ツールがあるので、教育現場への導入は今後も加速することでしょう。…また、ノーコード開発では、ロジックを設計する作業とそれが実際にどうアプリ上で反映されるのかを確認する作業がありますが、この体験には、「具体と抽象とを行き来する知的活動(帰納と演繹)」の挙動も自然と身についていくという教育効果が期待できます。( 中敏弘・NoCode Japan株式会社CTO。)

 

2.コンピュータサイエンスとビジネス開発力

また、ノーコード教育によって恩恵を得られるのは、小学生や中学生、高校生などだけではありません。「防衛大学校において、ノーコード開発に関する特別講義を実施しました」の記事にもあるように、大学などの高等教育機関においても、ノーコードツールはビジネス開発力の養成に寄与します。

 

ノーコード学習

防衛大学校の電気情報学群 情報工学科専任講師の白川智弘氏によれば、ノーコード開発は、単に情報工学科の学生に限定せず、それ以外の学生にとっても、システムを身近に感じられる等の有用性があると言います。

 

「情報工学はインフラのようなもので、どの分野でも利用されるものですが、他学科の学生からすると、学習を始める際にはそれなりの参入障壁があります。ノーコード開発を活用すれば、学習を始める際の心理的障壁も下がるため、情報工学科以外の他学科の学生さんにとっても有用であることは間違いないと思います。そのため、非専門家の人達に対してもシステム開発をオープンなものにしてくれるツールとして期待しています。」

今後様々な産業において、変革の主体となるのはIT・デジタル技術といわれます。その基礎となるのが、情報と計算、およびコンピュータという計算機への実装・応用を研究するコンピュータサイエンスです。

コンピュータサイエンスはその重要性が囁かれつつも、一方では複雑で学習のハードルが高いという印象を持たれがちな学問ですが、ノーコードツールを使うことで、その一端に触れることができるでしょう。

加えて高等学校の学生にとっては、各自の専門性とIT・デジタル技術を結び付けて研究やビジネスへの活用を考えることも多くなりますが、その際にノーコードツールを活用することで、より柔軟・スピーディ・効率的な仮説検証やアイデアの具現化といった「ビジネス開発(business development)」能力の醸成が可能です。

 

初等教育・中等教育の生徒にとっては、ノーコードツールは「プログラミング的思考」の醸成という観点から活用していくことができるわけですが、高等学校のような場で高度な技術的教育・訓練を受けた学生にとっても、ノーコードツールを活用し、自身の能力を開発できることが伝わればと思います。

 

3.ITリテラシー(General)

もちろん、ノーコードツールの活用によって恩恵を得られる教育的側面は、他にもあります。教育機関に限らず、例えば会社での新人研修などに活用することでも、ITリテラシーの向上に寄与するでしょう。

「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「ITパスポート」などの技術者向けの資格試験を運営する情報処理推進機構(IPA)が策定した資料「ITリテラシースタンダード」によれば、ITリテラシーとは、

社会におけるIT分野での事象や情報等を正しく理解し、関係者とコミュニケートして、業務等を効率的・効果的に利用・推進できるための知識、技能、活用力

であるとしています。

現在日常生活のあらゆる場面において、ITと接する機会が増えており、ますますそれらを適切に扱うためのITリテラシーの重要性が増しています。しかし、その技術の発展になかなか追いつけず、デジタルに慣れ親しんだ人とそうではない人とで、情報格差(デジタル・ディバイド)が発生している現状もあります。

その中で、ノーコードのように「オープンに誰でもアクセスでき」「気軽に」「コードを書くことなく」「システムを扱うことができる」というツールを操作することで、誰もが効率的にITリテラシーを身に着けることができるようになるでしょう。特に社会に出た直後で、あらゆるマナーやルールを学ぶための感度が高い新社会人や、デジタル・ディバイドに陥りがちとされる高齢者にとっては、楽しみながら負荷がかからずにITリテラシーを高められる、十分な活用の余地があるでしょう。

 

おわりに

今回はノーコードが教育に与えうる影響について、まとめました。まとめると、

・初等教育や中等教育においては、プログラミング的思考の醸成、

・高等教育においては、仮説検証・アイデア実現といったある種のビジネス開発力

・あらゆる世代にとってのITリテラシーの向上

といった教育効果が考えられます。

 

 

「ノーコードを活用した時の効果」の他に、「ノーコードツール自体を学習する」ことでも、様々なスキルを身につけられる潜在的可能性があるということが、お分かりいただければ幸いです。

NoCode Japanは、今後もノーコードと教育の関係について、発信していきます。