Google社、DX促進のためのエンタープライズ向けノーコードツールを発表

 

Google社は9月8日、企業のDXを促進するためのノーコードツール「Business Application Platform」の詳細を発表した。

GoogleはDX分野に関してはすでに先行してAPI管理ツールApigeeとノーコードツールAppSheetを買収しているが、今回のBusiness Application Platformを使うことで、これらのツールを統合し、より高レイヤーでシームレスにDXを実現するねらいがある。 

 

(参考:Business Application Platform || Google Cloud)

(参考:Google公式ブログ『Accelerate digital transformation with business application platform』)

Business Application Platformでは、ノーコードアプリの開発に加え、API管理、自動化、データインサイト機能が搭載されているこれらの機能を活用することで、 

  • 複雑なバックエンド処理を意識することなく、APIを介したサービス・データ・機能を作りこむ 
  • 非技術者であってもコーディングなしに素早くアプリケーションを構築する
  • セルフサービスBIツールを活用することで、データからインサイトを抽出し、ビジネスにつなげる

ことが可能になるであろう。